• 買う
  • 売る・売却
  • 売却物件募集

物件種別から探す。

  • トランクランド
  • 購入契約までの流れ
  • 売却契約までの流れ
  • ランドハウジングの品質管理
  • 不動産売買よくある質問:杉並区・永福町の不動産なら不動産ならランドハウジング
  • 地域貢献
  • ボランティア活動
  • 採用情報
株式会社ランドハウジング
株式会社ランドハウジング案内図
  • 東京都杉並区永福4−1−4
  • 永福ランドビル
  • 京王井の頭線『永福町駅』徒歩1分
  • TEL:03-3324-2271
  • FAX:03-3324-1951
  • 杉並ギフトカード
  • Wise World Wifi
  • 外国人留学生の求人情報「リュウカツ・ネット」
  • 借りたい君

不動産お役立ち情報

Powered by イー・ローン
  • 住宅ローンシミュレーション
  • 不動産売買よくある質問:杉並区・永福町の不動産なら不動産ならランドハウジング
  

工事品質管理

上大崎1丁目

  • 施工者:株式会社東京住建  設計監理者:株式会社設計アトリエ21
  • 建築管理責任者:株式会社ランドハウジング  売買部  建築担当  高橋
床付け

2008年10月26日

床付け1

床付け土間コンクリート確認
床付け土間コンクリート打設。良好。

床付け2

防湿フィルム施工確認
防湿フィルム施工確認。(端部周囲)
A、B棟 共に良好。

ページトップへ戻る

土間配筋

2008年11月04日

土間配筋1

基礎、床スラブ及び立ち上がり配筋
全体写真。基礎と土間部分。
コンクリートを流し込む前の、鉄筋が組ま れた状態。
正しい太さ、本数、組み方、補強が行われ
ているかを全て検査する。

土間配筋2

土間配筋 鉄筋径とピッチ検査
配筋の状態良好。
・鉄筋太さ13mm
・ピッチ15cm

土間配筋3

かぶり厚さ確認
鉄筋からコンクリート表面までの厚さ(かぶり厚さ)の測定検査。
良好。(この厚さが不足すると、ひび割れや 鉄筋の錆び等の原因になる)

土間配筋4

構造設計者による最終検査
設計監理を担当する事務所の構造
設計者が配筋を全個所検査。
是正事項は施工者が修正する。

ページトップへ戻る

床打設

2008年11月10日

床打設1

土間コンクリート打設
全体写真。コンクリートが固まり、1階の
一部鉄筋コンクリート壁の鉄筋工事中。 型枠(オレンジ色の板)を両方からサンド イッチして、その間に後日コンクリートを 流し込む。
ここでも鉄筋の太さ、本数、組み方、補強 の検査をする。

床打設2

土間コンクリート端部
コンクリート打設状態、良好。

ページトップへ戻る

型枠工事

2008年11月10日

型枠工事1

型枠と鉄筋
先に片方の型枠をセットし、次に鉄筋工事 を行う。
写真は鉄筋工事途中の状態。

型枠工事2

壁厚さの確認
型枠がサンドイッチされた状態(1階足元 立ち上がりの部分)。
ここにコンクリートを流し込み、固まった後 に型枠を取り外す。壁厚さが確保されてい るか確認。良好。

ページトップへ戻る

コンクリ工事

2008年11月15日

コンクリ工事1

壁コンクリート打設
コンクリート打設後、全体写真。
型枠の中にコンクリートが流し込まれた所。

コンクリ工事2

アンカーボルトセット
アンカーボルトをセットする。
構造上、位置が重要なため、全てチェック する。
(アンカーボルト・・・コンクリートと、木材を つなぎ止めるための金物。)

コンクリ工事3

室内立ち上がり
1階玄関部分の立ち上がりコンクリート。 アンカーボルトの位置の確認。

コンクリ工事4

仕上げ
最後に上端の高さの調整を行う。

ページトップへ戻る

型枠脱型

2008年11月22日

型枠脱型1

枠脱型(コンクリート完成)全体像
型枠解体。仕上がり状況良好。
(右手がA棟)。

型枠脱型2

型枠脱型(コンクリート完成)全体像
B棟前景。仕上がり良好。

型枠脱型3

A棟コンクリート壁 詳細写真
A棟詳細写真。打設状況良好。

型枠脱型4

B棟コンクリート壁 詳細写真
B棟詳細写真。打設状況良好。

ページトップへ戻る

木工事

2008年11月28日

木工事1

全体像
足場組立全景。

木工事2

木材搬入
すべての木材が現場に搬入される。
材種はヒノキとベイマツ。
土台及び柱はヒノキを用いる。

木工事3

木材写真
木材端部拡大写真。
端部の仕口は、精度の高いプレカット (現場に入る前に工場で加工する方法)が 採用される。
この材料の部位は梁(横材)で、材種はベ イマツ(集成材)。

木工事4

木材写真
アンカーボルトで止め合わされる部分だけ、現場加工される。

木工事5

土台
コンクリートの上端に木材(土台)をセットしている所。作業状態良好。

木工事6

土台
土台を上から撮影。良好。

ページトップへ戻る

建て方(1)

2008年12月2日

建て方(1)1

全体像
B棟より建て方開始。

建て方(1)2

B棟1階
1階柱及び2階床。良好。(斜めの材は、金物で固定するまでの、仮設置の材。)

建て方(1)3

B棟2階
2階及び屋根組途中。

建て方(1)4

B棟全体像
建て方は1棟1~2日で終了する。

建て方(1)5

接合部/dt>
土台と柱の接合部。(共にヒノキ。)
良好。

ページトップへ戻る

建て方(2)

2008年12月3日

建て方(2)1

全体像
A、B共に建て方終了。

建て方(2)2

A棟2階
2階の柱・梁および、小屋組(吹き抜けやロフトなど斜めの部分)の全体像が見える。良好。

建て方(2)3

B棟2階
屋根の構造用合板を設置。(手前の斜めの材は、金物を固定するまでの仮設置の材。)

ページトップへ戻る

下地組

2008年12月6日

下地組1

A棟2階
2階の勾配屋根部分の構造用合板設置。
良好。

下地組2

1階床
土間の上に束立てし、大引き、根太の順に材を設置していく。
良好。

下地組3

根太詳細
根太のピッチ(間隔)は303mmが基準。良好。
また根太の材は45mm×60mmの断面のものを使用。
全てチェックし、問題無し。

下地組4

コンクリート部と木造部の取り合い
コンクリートと木造の接合部のチェック。金物、筋交い共に問題なし。

ページトップへ戻る

構造検査

2008年12月15日

構造検査1

構造金物検査
接合部の金物を全個所検査する。

構造検査2

一般柱足元
一般柱足元の金物納まり。
(ホールダウン金物と言われる金物部材)
良好。

構造検査3

一般耐力壁上部
耐力壁・・・筋交や構造用合板によって補強された、地震や風圧等の水平方向の力に対抗する壁のこと。
良好。

構造検査4

一般耐力壁下部
同上。
良好。

構造検査5

2階柱上部
斜め屋根との取り合い。柱上下はホールダウン金物を用いる。
良好。

構造検査6

2階梁隅部
一部、火打ち(水平方向に角を補強する材)を設置。
良好。

ページトップへ戻る

防水下地

2008年12月22日

防水下地1

全体像
道路側手すり内部。
良好。
アルミサッシとガラスが設置された。

防水下地2

防水テープ
アルミサッシの回りに、防水テープが貼られる。
上下左右、全ての窓でチェック済み。

防水下地3

防水テープ
アルミサッシュ下部。
良好。

防水下地4

屋根部材
屋根に使用する材料の確認。

ページトップへ戻る

下地工事

2008年1月10日

下地工事1

1階天井下地
配管及び配線確認。
下地材共に良好。

下地工事2

天井下地
配管及び配線確認。
下地材共に良好。

下地工事3

2階天井下地及び断熱材
勾配屋根部分の下地及び断熱材の確認。
良好。

下地工事4

ロフト屋根下地及び断熱材
ロフト断熱材の確認。
良好。

ページトップへ戻る

内装工事

2009年1月19日

内装工事1

正面防水
防水シート設置。

内装工事2

軒先防水フェルト
正面ポーチの壁と天井取り合い部も、吹き込みを考慮し、防水シート施工。

内装工事3

2階内装
リビング及び個室、ロフトの内装壁材(石膏ボード)の完了。
良好。
この上に仕上げ材のクロスを貼ります。

内装工事4

リビング斜め天井、石膏ボード工事中
リビング天井は斜めになり、天井高が高い。
貼り方は良好。

内装工事5

バルコニー防水
バルコニーのFRP防水。
端部の防水納まり良好。

ページトップへ戻る